創立110周年

福島県立若松商業高等学校創立110周年記念事業

創立百十周年記念式典事業開催

 令和4年10月8日、本校体育館にて、創立110周年記念式典が行われました。

式には実行委員長をはじめ実行委員多数と、教職員、生徒が出席しました。

記念事業では、本校出身の落語家「三遊亭 兼好」氏による落語の講演会が行われました。

世代に拘わらず笑いあり、学びありの講演会となりました。

 

[実行委員長あいさつ 齋藤 共子 様]

 福島県立若松商業高等学校は創立百十周年を迎えました。
 明治四十五年五月、若松市民の熱い要望を担って、市立若松商業学校として創立されました。その後昭和四年には、県内二番目の商業高校として以来名実共に発展を遂げてまいりました。
明治、大正、昭和、平成、令和と時代を経る中で、幾多の変遷を重ね、時代の変化に対応しながら、会津地域における商業教育の中心としてその地位を築いてまいりました。その間、本校を巣立った二万有余名は、会津地域はもとより、県内並びに全国各地において活躍し、母校の名声を高めていることに誇りに感じるとともに、心強い限りです。
 この度の創立百十周年記念事業を遂行するに当たり、同窓会、PTA、学校が三位一体となり実行委員会を組織し、計画、立案、実施へと進めて参りました。若商の教育方針である「文武両道」を実践する現在の生徒たちにとって必要不可欠なトレーニング室を、この度の事業として整備いたしました。最新の機器を導入し、トレーニングに励むことで今以上に活躍してくれることを期待しております。また、老朽化したジェットヒーターを買い替えることで、冬場の全校集会も暖かい環境で行うことができるでしょう。
 本来ならば、令和三年に記念式典や記念行事を実施する予定でしたが、新型コロナウイルス感染拡大により一年間の延期を余儀なくされました。しかしながら、こうした困難を乗り越えて、本日、開催できますことは「若商ならではのチカラ」ではないでしょうか。
AI化の時代となり、人口減少も加わり急激に変化している社会、そんな中、人間関係も段々希薄になる傾向がありますが、これからも脈々と続く若商の歴史の流れを時代の変化に対応しながら「若商ならではのチカラ」を発揮し、受け継いで参ります。これもひとえに同窓生、保護者、現旧職員、地元企業、市町村をはじめ多くの方々から多大なるご支援ご協力をいただきましたこと、深く感謝申し上げます。
 更なる新しい歴史に向けて、これからも皆様方の一層のご指導ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

 

[校長あいさつ]

本校は、明治45年、地域の商業人育成と地域経済の振興・発展の期待とともに、若松市民の熱い要望を担って「若松市立若松商業学校」として開校以来、明治・大正・昭和・平成、そして令和へと世紀を超える歳月を着実に歩んで参りました。この間、幾多の変遷と試練を乗り越えながら会津藩校日新館教育の精神を継承し、「明浄・正直・誠実・剛健」の校訓を柱に、地域唯一の商業教育の基幹校として邁進し、これまで世に送り出した二万二千六百余名を超える卒業生は、地元の経済界はじめ県内外の各界で大いに活躍されております。

 今後もこれまでの長い歴史と伝統を継承しながら、日々刻々と変化していく現代において、その時々に柔軟に対応して新しい伝統の創造に努めるとともに、社会に開かれた教育をなお一層推進し、社会の形成者として必要とされる資質を備えた有為な人材の育成を継続して参ります。

 今後とも本校教育の充実・発展のために、なお一層のご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げ、ごあいさつといたします。

 

[生徒代表のことば]

[三遊亭兼好さんによる落語]

記念式典および記念講演会の開催について

10月8日(土)に記念式典および記念講演会が開催されます。

校門付近に設置した横断幕

 

日程等は、下記のとおりです。 なお、出席者を限定して開催します。卒業生、一般の方等は入場できません。

▼記念式典

時間 9:30~10:30   場所 本校 第一体育館

式次第

1 開式のことば   2 物故者への黙祷   3 国歌斉唱   4 校長式辞

5 創立百十周年記念事業実行委員会委員長あいさつ

6 福島県教育委員会教育長あいさつ

7 感謝状並びに記念品贈呈   8 受賞者代表あいさつ

9 来賓祝辞

 (1)福島県議会議員

 (2)会津若松市長

 (3)福島県高等学校長協会長

10 来賓紹介並びに祝電披露   11 生徒代表のことば   12 校歌斉唱   13 閉式のことば

 

▼記念講演会

時 間 11:00~12:00   場所 本校 第一体育館

講演者 落語家 三遊亭 兼好 氏(本校OB) 

 

創立110周年記念事業の実施について

この度、10月8日(土)に創立110周年記念式典ならびに記念講演会を実施いたします。

昨年の10月に実施予定でしたが、今年度の実施が実行委員会で決定いたしました。

記念式典では、歴代の校長、同窓会長、PTA会長、部活動後援会長、永年勤続教員の方々へ感謝状の贈呈も行われます。

当日は、落語家の三遊亭兼好 氏(本校OB)の記念講演会を行います。

若商から落語家の道に進んだ経緯なども聞けるかも・・・? 落語も?

記念式典ならびに記念講演会は規模を縮小し、生徒および関係者のみで行います。ご理解の程よろしくお願いします。

 

記念事業において贈呈式が行われました

 この度の記念事業において、10月8日(金)に「トレーニング機器一式」、「赤外線オイルヒーター4台」を贈呈しました。

贈呈にあたっては、小規模ではありますが人数を制限したうえで「贈呈式」を行うことができました。

 今後は、来年10月8日(土)に延期した記念式典等の実施に向けて準備を進め行きたいと思います。

なお、贈呈した物品等や贈呈式の写真を掲載しました。

 

贈呈したトレーニング機器や赤外線オイルヒーター

 

 

バーベルラック1台 バー4本 プレート18枚                   ワイドプレスベンチ1台

 

   

   チェストプレス1台                     グルート1台

 

 

    アダクション1台                   赤外線オイルヒーター4台

 

 ▼その他の設備  スポーツミラー3台   スポーツマット58枚

 

 

 

贈 呈 式 の 写 真

 目録贈呈

実行委員長が生徒会長へ目録を贈呈

 

出席者による記念撮影

出席者による記念撮影

 

 

創立110周年記念事業の延期について

 本校の教育活動につきましては、日頃よりご理解とご協力を賜り深く感謝申し上げます。

 さて、本校は今年度、創立百十周年を迎え10月9日に記念式典等の関連する事業を行う予定で準備を進めてまいりました。しかしながら、新型コロナウイルス感染症拡大の状況においてワクチン接種は行われているものの、残念ながら感染者は毎日確認されている状況が続いており、以前のような安心で安全な生活を送るまでには至っておりません。そこで過日実行委員会役員会を開催し、規模を縮小した事業の実施も検討されましたが、期日を延期することで関係各位に対する安全への配慮と、本来あるべき姿での実施を実現できるものと信じ、延期を決定いたしました。これまで、本事業に対してご尽力いただいた皆様には、この決定をご理解いただき今後ともご協力をお願い申し上げます。なお、コロナ禍のため実行委員会役員会の決定を総会の決定事項とすることを申し添えます。また、延期に関する内容は下記のとおりです。

                      福島県立若松商業高等学校

                      創立百十周年記念事業実行委員会委員長  齋藤 共子(同窓会長)      

                                     校 長  佐藤 京治

 

    1 新たな期日  令和4年10月8日(土) 本校第1体育館

    2 実施内容   記念式典

             記念行事【本校卒業生による記念講話】

             記念事業【教育活動支援(施設・設備等の整備)】

    3 その他    記念事業については、今年度も継続して実施

福島県立若松商業高等学校創立110周年記念事業

 

 本校は令和3年に創立110周年を迎えます。

 

 令和2年11月9日に第1回実行委員会を開催し、次の内容が決定しました。

 

・本事業では「記念式典」、「記念行事(記念講話)」、「記念事業」を実施します。

 

・「記念式典」・「記念行事(記念講話)」は令和3年10月9日(土)に本校第1体育館で挙行

  いたします。(在校生、本校職員、実行委員、受賞者等の関係者のみが出席して行われます。

  卒業生など一般の方の出席はできません)

 

・「記念事業」については、校内の施設や設備等の充実を図ることといたします。

 

・今回は記念誌の発行は行いません。また、実行委員会として卒業生や企業様等に対しての募金活

 動は行いません。(詐欺等による勧誘には十分にご注意ください)

 ただし、ご本人様より申し出のあった寄付等のご厚意はお受けいたします。本校内の事務局へお

 問い合わせください。

 

・記念式典終了後に、関係者による「記念祝賀会」を予定しておりますが、新型コロナウイルス感

 染拡大の状況によっては実施しないこともあります。

2 6 8 5