ソフトボール部

ソフトボール部

高校体育大会会津地区大会優勝!(ソフトボール部)

 5月15日、快晴の空の元、高校体育大会会津地区大会で葵高校・会津学鳳高校合同チームと対戦しました。試合は初回から着実に得点を重ね、7対0の6回コールド勝ちで優勝を飾りました。
 次は6月4日から開催される県大会となります。悲願である優勝を目指して、これから残り少ない時間を精一杯努力して過ごしたいと思います。

ソフトボール強化交流大会

5月3日・4日の2日間、喜多方市の押し切り川公園において、ソフトボール強化交流大会が開催されました。県内各地より8チームが参加し、試合経験を積む良い機会となりました。参加各チームが、この経験を糧に高校体育大会で活躍してくれることを願います。

大会報告(福島県春季選抜ソフトボール大会)

去る4月22日より、石川町と白河市で開催された福島県春季選抜ソフトボール大会に出場しました。
 1回戦で磐城高校・磐城桜が丘高校の合同チームに2対0で勝利し、2回戦で県北地区大会1位の福島東稜高校と対戦しました。試合は緊迫した接戦となりましたが、東稜高校の好投手を打ち崩すことができず、3対0で敗退しました。
昨年の新人大会の第3位を下回りベスト8で敗れたという結果をバネに、高校体育大会での優勝を目指して、日々努力を重ねていきたいと思います。

 

「宿舎の夕食で鋭気を養っている選手達(感染対策もしっかりしていました)」

3年生の旅立ち!

 去る2月28日、ソフトボール部3年生へ記念品の贈呈を行いました。
 今年の3年生はたった2人しかおらず、その上、新型コロナウイルスに翻弄された大変な世代でしたが、腐ること無く努力を重ね若商の伝統をつないでくれました。3年生がつないでくれた思いは、きっと後輩達が受け継いでくれることと思います。

 3年生の2人、本当にお疲れ様。そして、ありがとう!

令和3年度福島県新人体育大会 第3位入賞!(ソフトボール部)

 去る10月9日より3日間にわたり、福島市の十六沼公園スポーツ広場において行われた、令和3年度福島県新人体育大会ソフトボール競技に出場しました。
 1回戦で尚志高校、2回戦で磐城農業高校に勝利し、準決勝で帝京安積高校と対戦しました。準決勝では敗れましたが、3年ぶりの第3位入賞という結果をおさめることができました。
 上位入賞を果たすことはできましたが、最終目標はあくまで福島県大会優勝です。これからのオフシーズンを有意義に過ごし、来春の県制覇を目指したいと思います。

新人体育大会会津地区大会報告(ソフトボール部)

 去る9月11日、喜多方市の押切川運動公園スポーツ広場で開催された、福島県新人体育大会ソフトボール競技会津地区大会に出場しました。試合は初回から若商打線が大爆発し、16-0で勝利しました。
 次は、10月9日から福島市で開催される福島県大会となります。コロナ下で練習試合が制限される中ではありますが、できる限りの準備をし、県大会優勝を目指したいと思います。

 

 

ソフトボール部大会報告(福島県総合体育大会)

 去る7月10日より、相馬光陽ソフトボール場で開催された福島県総合体育大会ソフトボール競技に出場しました。
 1回戦で磐城農業高校を5対2と破り、2回戦で帝京安積高校と対戦しました。帝京安積高校は6月の福島県高校体育大会優勝チームということもあり、初回から得点を奪われる苦しい試合となりました。しかし、諦めずに戦い、1点を返す健闘も見せましたが13対1で敗れ大会はベスト8に終わりました。
 この大会で3年生は引退し、新チームがスタートします。3年生の果たせなかった「県大会優勝」を目標に、日々練習に励んでいきたいと思います。

ソフトボール部6月の大会報告

《報告1》高校体育大会県大会
 去る6月5日、高校体育大会2回戦で福島西高校と対戦しました。一進一退の攻防で1対1の同点で迎えた6回、フォアボールとエラーから2点を奪われ、1対3で敗れました。課題のたくさん見つかった試合だったので、その課題を克服し、次の大会に生かしたいと思います。

 

《報告2》全会津総合体育大会

 6月20日、全会津総合体育大会において、葵高校・会津学鳳高校の合同チームと対戦しました。4回に3安打で2点を奪われ苦しい展開でしたが、5回に4連打で逆転に成功し、そのまま3対2で勝利して福島県総合体育大会の出場権を得ました。福島県総合体育大会は、勝っても負けても3年生にとって最後の大会となるので、悔いの残らないよう全てをだしきるための準備をしていきたいです。

大会報告(高校体育大会地区大会ソフトボール競技)

 5月15日、会津学鳳高校を会場に、福島県高等学校体育大会ソフトボール競技会津地区大会が開催されました。
 葵高校・会津学鳳高校合同チームとの試合は4回まで一進一退の攻防となりましたが、5回に一挙6点をあげ、8対1で勝利し、優勝することができました。 次は6月5日から開催される県大会です。チーム一丸となって優勝を目指したいと思います。
 当初は、喜多方市での大会開催を予定していましたが、新型コロナウイルスの影響で喜多方市の施設が使用できなくなり、急遽の会場変更となりました。協会の方々や会津学鳳高校のご厚意で何とか開催にこぎ着けることができました。この場を借りて御礼申し上げます。

春季選抜ソフトボール大会県大会

    去る令和3年4月23日より、相馬光陽ソフトボール場で開催された福島県春季選抜ソフトボール大会に出場しました。
 1回戦郡山東高校にコールド勝ちし、2回戦で学法石川高校と対戦しました。初回に失点しリードされる苦しい展開の中なんとか粘って試合を進めましたが、健闘むなしく5-0で敗退しました。ベスト8という順位は昨年の新人戦から一歩前進したので、さらに努力を重ね、県大会優勝を目指します。

記念品贈呈(ソフトボール部)

 去る2月26日、ソフトボール部3年生へ記念品の贈呈を行いました。今年は新型コロナウイルス予防の観点から卒業式への在校生の参加が見送られたため、この日がみんなで顔を合わせる最後の日となりました。
 3年生はこれからそれぞれの道を歩んでいきますが、「若商ソフト部」で学んだことを生かして、立派な大人へと成長してくれることを期待します。みんな、頑張れ!

ソフトボール部3年生を送る会

 去る1月11日、ソフトボール部3年生を送る会を開催しました。昨年はボウリングでしたが、今年は新型コロナウイルスに配慮し、体育館でバレーボールやストラックアウトを楽しみました。久々に3学年が集まり皆が楽しい時間を過ごすとともに、生徒・顧問・保護者の絆を確認するよい機会でもあったと思います。最後は3年生からメッセージをもらい、1・2年生は来年度への決意を新たにしました。3年生の作ってくれた良い伝統を継承し、これからも「誰からも応援してもらえるソフトボール部」でありたいと思います。

ソフトボール部練習初め

 2021年最初の練習は、今年もお参りでスタートしました。昨年のお参りでたくさん新入生が入部してくれるよう願った結果、6名の新入部員を迎えることができました。しかし、もう一つの願いである大会に関しては、思うような成績を残すことはできませんでした。そこで、今年こそは県大会上位入賞、そして優勝という目標を達成できるよう、精一杯努力していくことを誓いました。

 2020年は新型コロナウイルスの影響で多くの大会が中止となり、思うように活動できない1年でした。今年はすべての大会が開催され、悔いなく1年が過ごせることを願います。

新人体育大会県大会結果報告

 10月11日より、いわき市で開催された福島県新人体育大会ソフトボール競技に出場しました。結果は安積黎明高校に敗れ、初戦敗退となりました。今大会は、大会で実力を発揮することの難しさを痛感させられる厳しい大会となりました。この悔しさを忘れずに、これからの飛躍につなげていきたいと思います。
 これで本年度の大会は全て終了となります。これから長いオフシーズンが始まりますが、大会で力を発揮できるチームを目指して練習に励みたいと思います。

新人体育大会会津地区大会結果報告!

 去る9月12日、喜多方市押切川公園スポーツ広場で開催された「令和2年度福島県高等学校新人体育大会ソフトボール競技会津地区大会」に出場しました。

 葵高校・会津学鳳高校合同チームと対戦し、3対1で勝利しました。

 今後は、10月10日からいわき市・新舞子多目的広場で開催される県大会に出場します。県大会では昨年の「ベスト8」を超える成績が収められるよう、日々の練習に取り組んでいきたいと思います。

高体連代替大会結果報告!

 去る7月23日より、郡山市ふるさとの森スポーツ広場で開催された「福島県高等学校男女ソフトボール選手権大会」(高体連代替大会)に出場しました。新型コロナウイルスの影響で春シーズンの大会が全て中止となり、3年生にとって出場する大会が無くなってしまい目標を失いかけました。しかし、代替大会の開催が決定した時から「県大会優勝」を目標に、ここまで努力を続けてきました。

 若商ソフト部は、24日の2回戦でいわき合同チーム(湯本・磐城・いわき総合)と対戦し9対0の5回コールド勝ちで勝利し、25日の準々決勝で学法石川高校と対戦しました。昨年のインターハイ県チャンピオンで新人戦2位の相手に対し、何とか食らいついて試合を進めましたが、1対6で敗れました。

 3年生は、今年のチームの特徴である「笑顔」を最後まで忘れず、勝利を目指し、今まで練習してきた全てを出し切ってプレーしてくれました。3年生は今大会で引退し、1・2年生の新チームが始動しますが、先輩の叶えられなかった「県大会優勝」を目標に努力してくれると思います。

ソフトボール部 練習始め

 1月4日、2020年の最初の練習は、学校の近所にある諏訪神社へのお参りでスタートしました。2019年が大きな怪我もなく活動できたことを感謝するとともに、2020年のチームの飛躍を誓い、また新入部員がたくさん入部してくれることを願いました。2020年は、2年生にとってはソフトボール部の活動集大成の年となり、1年生は後輩ができ先輩として自覚を持たなければならない大事な年となります。1年後「良い1年だった」と思えるよう、悔いなく精一杯努力をしていきたいと思います。

ソフトボール部 年末恒例行事

 12月28日、年末の恒例行事となっている「年越しそば(カップ麺)」をみんなで食べ、令和元年最後の練習を締めくくりました。2019年は、県大会3位入賞は果たしたものの、あと一歩のところで私立の壁に阻まれ、優勝という目標を果たすことはできませんでした。また、3年生が引退し、1・2年生あわせて部員7人という苦しい状況となり、合同チームでの活動となってしまいました。しかし、チームは暗くなることなく、合同チームの活動も良い経験として成長しています。これからも「ソフトボールを楽しむ」ことを心掛け、つらい冬の時期を明るく乗り越えていきたいと思います。

選手が表彰されました

 去る12月8日、令和元年度会津若松市ソフトボール協会表彰式において、本校3年生・齋藤美来さんが優秀選手として表彰されました。高校体育大会県大会をはじめとする大会で投打の中心選手として活躍し、第3位入賞を果たしたことなどが評価されての表彰となりました。

 秋の新人体育大会ではベスト8という成績でしたが、この冬にしっかりトレーニングを積んで春の県大会で優勝し、来年はチームとして表彰されるよう頑張っていきたいと思います。

新人戦ソフトボール競技会津地区大会

秋晴れの絶好のソフトボール日和のなか、高体連新人大会会津地区予選が行われました。

新チームとして、また、葵高校との合同チームとして初の公式戦でしたが、会津学鳳高校に快勝し10月12日から行われる県大会へ会津地区1位としての出場を決めました。

生徒たちは、快晴の空のように伸び伸びとプレーし、葵高校とのチームワークもよく、全員がソフトボールを楽しんでいました。

県大会でも若商らしいプレーをしてきたいと思いますので、応援よろしくお願いします。